東屋(あずまや)をつくりました

 注)公園ではありません
下から上を覗き込むと職人さんの

技術が溢れています
金物は一切見えません
丸い材と四角い材の接合
見晴らしの良い高台に建ちました
匠の技
天井は「見せる」為の杉板と

強度を出す為の合板の

二重張りになっています
角度を変えて・・・
軒 先
束(つか)も

金物ではなく「込み栓」(こみせん)でつくりました

 ※込み栓 : 固定する為に2つの材を貫いて
横から打ち込む堅木材をいいます


施工例に戻る


TOPに戻る