2018年も昨年にひきつづき

“ よかっぺまつり ” に参加いたしました!

 今年も『5000コのつみきであそぼう!』ということで

はじまりました。

 ここでひとつ地味なお話ですが、このお祭りの名前がついている
「よかっぺ通り」は、常陸多賀駅から6号国道に向かって上り坂なのです。

 つみきを高く積み上げてもらうためには、床が水平でなければなりません。

 お祭り前日に場所が確定すると、現地の傾斜をはかり、床が水平に
なるよう1本ずつ採寸し、長さの違う脚を台につけていきます。

 当日のセットも1発OK!
これがさりげなくできるところが、建築屋さんとしての自負なのです。

 お天気がやや心配ではありましたが、

次々にちびっこ達がやってきてくれてホッとしました。
 一心不乱につみきをしています。
 思い思いの作品が出来てはくずれ、出来てはくずれ・・・

というのも積み上げる楽しさはもちろんですが、

 じつは、自分達が作った作品を大胆に壊すというのも

爽快で楽しいのです。

 途中ゲリラ豪雨のような悪天候に見舞われてしまいましたが、

そんな中でもつみきは続行中!
雨をしのぐ壁をつくっていました。

さすがです!!
 今年はお天気が残念でしたが、昨年に変わらず、元気に

あそんでいただきありがとうございました。


 雨に濡れてしまったつみき達は、来年またみなさんとあそべるように、
すべてを箱から出し、1日天日干しをして、その後、社員総出で箱に
詰め戻しました。(これが月曜日、弊社朝一のお仕事です。)




 『5000個のつみきであそぼう!』でした。

  2018.9.8 “よかっぺまつり” より



TOPに戻る